流木のあく抜きに関して

プレコは流木を食べるので、プレコを飼育する場合は流木が欠かせません。

 

ただ、流木を水槽の中に入れてみると、水槽の水が茶色く濁ってしまうことがあります。水槽の水が茶色く濁ってしまった場合は流木のあくを抜かなければいけません。

 

今回の記事では、流木のあく抜きの方法を紹介します。

 

 

 

 

水槽に流木を入れたら、水槽の水が茶色く濁ってしまったって経験がある人は結構多いのでは無いでしょうか?プレコを飼育している人以外でも、水槽が茶色く濁って困ったことがある人は多いと思います。

 

 

アクアリウム用の流木を水槽に入れた場合には、水槽の水が茶色く濁るってことはあまりないのですが、ホームセンターなどでアクアリウム用じゃない流木を購入して水槽に入れたりすると茶色く濁ることがあります。

 

 

他にも川辺で拾ってきた流木を水槽に入れてしまうと、水が茶色く濁ってしまいます。茶色く濁るのが嫌だなって思うひとは、流木のあくを抜いてから水槽に入れるようにしましょう。

 

 

それでは流木のあく抜きの方法を紹介します。

 

あくって聞いたことないですか?

 

漢字で書くと灰汁です。料理をしたり、鍋をしたりすると、水面に浮いてくるのがありますよね。あんなような物が流木からも出ています。

 

その影響で水槽の水が茶色く濁ってしまいます。流木の中には、タンニンと呼ばれる成分が含まれているのですが、これが水槽を水を茶色く濁らせます。

 

タンニンは紅茶などのお茶の中にも入っていて、体に悪い影響があるわけではありません。しかも水質を酸性に傾けてくれるので、プレコにとってはあくがあった方が暮らしやすい環境ではあります。

 

この茶色く濁った水はブラックウォーターと呼ばれています。

 

 

茶色くて濁っている水の方が熱帯魚の飼育には向いている場合もあるので、アクアリウム用の枯れ葉を水槽や濾過装置にいれて、茶色く濁った水をつくる人もいます。

 

プレコが生息地であるアマゾン川などは、大体ブラックウォーターなのでプレコを飼育する分には流木からあくが出ていたとしても、それほど問題はありません。

 

 

ただ、水が茶色く濁るのが嫌だって人や、拾ってきた流木を水槽に入れたいって人は、流木のあく抜きをしなければいけません。拾ってきた流木の場合には、流木の中に寄生虫がいたり、水質を悪化させる成分が流木に染み込んでいる場合があります。

 

なので、拾ってきた流木を水槽に入れる場合には絶対にあく取りをしてから入れるようにしてください。

 

拾ってきた流木やアクアリウム用ではない流木は、アクアリウム用として売られている流木に比べてすごくあくが出ます。あくを抜く方法は色々とありますが、私はお湯につけるのが1番いい方法だと思います。

 

 

今回の記事ではお湯につけるあく取りの方法を重点的に紹介します。